Freddie-Falconの観戦記

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
    宜しければクリックをお願いします
    にほんブログ村 サッカーブログへ



     アメブロの時に、
     よく読まれていたサッカー記事を紹介します

      ボールポゼッションに見るボランチの役割
     偽りのセンターフォワード
     グァルディオラのバルセロナは史上最高か? その3

     よかったら読んでみて下さい

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    4月11日 J1 柏レイソル@川崎フロンターレ 川崎編

    平日ナイターだけど、時間ができたので、
    今年初めて等々力に行ってきた





    川崎を見るのは、2回目になる


    多摩川クラシコの感想


    人を密集させて、スモールフィールドを作り、
    早いパス回しで打開するサッカーは、
    見ていて楽しかった


    好調なようだが、
    柏がどう対策を練るのか?
    を楽しみにしていた


    川崎は前回見た時と同じ、1-4-4-2
    柏は、1-5-4-1でスタートした


    青を川崎、赤を柏として、重ねる





    簡単な数合わせでは、川崎から見て、
    CBの所が2対1で、+1
    トップの所が2対3で、-1


    柏が攻撃時に、
    フォーメーションを1-4-1-5にしてきた


    柏から見た感想


    川崎はブロックを作って、
    自分のゾーンを見て対抗していた


    簡単に柏の左サイドにボールがあるとする





    この時、赤の柏の5トップに対して、
    青の川崎の4バックは、ボールサイドにスライドする


    つまり大外1人(赤の6番)は空いていることが多かった


    柏が大きなサイドチェンジをしてこなかったし、
    サイドチェンジの間に、スライドし直すか?
    SHが戻るか?していた


    前から積極的にプレスする訳ではないが、
    柏のSBに僕が入ると、プレスが始まる印象だった


    柏の出方を探ってる間に失点した感じだった


    その後は、柏が前に人を割かないせいもあって、
    いい守備が出来ていたと思う


    力のある柏の前3人にも仕事をさせなかった


    攻撃に移ると、前半は柏の術中にハマっていた印象だった


    人に付くというコンセプトで、
    川崎の2トップとワイドに開いたSHに
    ぴったりとマークが付いていた


    マークを外そうと細かく動いていたが、
    前は4対5で数的不利なこともあって、
    効果的に
    動けていなかった


    いい形で前が受けられないので、
    SBの上がりも今一つだったと思う


    後ろは4対1なので、パスの出し手はフリーなのだが、
    受け手が全て封じられていたかな?


    後半になって、システムを変えてきた


    中村をトップに上げて、
    SHをフィールド中央に寄せた


    バイタルに入る人数を増やした





    黄色のエリアを守る柏の選手は、2人で、
    その間に多くの川崎の選手が集まっていた


    柏の最終ラインの選手は、
    中盤に上がって付いていくことをしなかった


    そのため狭い局面だけを見れば、
    川崎の数的優位だった


    得意のショートパスを繋いで、
    バイタルで前を向く選手が増えた


    またSHが中に入ることで、
    SBが高い位置を取ることができた


    柏のSHが対応することになるので、
    かなり押し込んでいた


    柏は5-4の2ラインが下がり、
    前がとてもルーズだった


    川崎からすると、
    フリーで出せるので、やりやすかったはずだ


    柏は後ろで1人余っているので、
    スライドさせながら、
    SHがプレスに上がるが、後手後手だった


    川崎のパス回しを見ていると、約束事が少ないように思う


    パスを出したら、走って、
    次のコースを作るという作業をしていて、
    ボールホルダーが素早く、次の選択をしていた


    なので相手からすると、
    誰を潰せばいいというのがない感じだった


    中村は優れた選手で異彩を放っていたが、
    他の選手も同様にパスサッカーに順応していた


    見ていて楽しいサッカーをしていた


    課題はゴール前の精度だと感じた


    一発裏を狙うプレーも欲しいが、
    バイタルで前を向いた後のパス、シュートに
    力が入りすぎていた


    手数をかけすぎとは思わないが、
    最後の精度が上がってくると、
    2点3点と獲れるようになると思う


    ケガ人が多くて、やり繰りが大変らしいが、
    いいサッカーができている


    また次も見たいなと思わさせられる内容だった




    柏側から見た感想です
    4月11日 J1 柏レイソル@川崎フロンターレ 柏編




    試合観戦にはオススメの一冊です





    関連記事
    スポンサーサイト
        
    宜しければクリックをお願いします
    にほんブログ村 サッカーブログへ



     アメブロの時に、
     よく読まれていたサッカー記事を紹介します

      ボールポゼッションに見るボランチの役割
     偽りのセンターフォワード
     グァルディオラのバルセロナは史上最高か? その3

     よかったら読んでみて下さい

    | J1観戦記 | 10:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://footballmania48.blog.fc2.com/tb.php/432-a8343e43

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。